花粉症における薬物療法などの治療法や対策とは

花粉症に悩まされている人は年々増えています。ある調査によれば、日本人の4人に1人が花粉症であるとのことです。ここまでくるともはや国民病といっても良いかもしれませんね。中には症状がひどくて寝られない人もいるようです。更には集中力がなくなり家事や仕事に支障が出る人もいて深刻な状況となっています。そもそも花粉症とはスギやヒノキなどの花粉がアレルゲンとなって、くしゃみや鼻水や目のかゆみなどのアレルギー症状が出る病気のことを指します。また患者が増えている背景には温暖化もあり、温暖化によってスギなどの花粉の飛散量が増えているからだと言われています。そんな厄介なアレルギー症状に対しては対策と治療が必要となります。治療で大切なことは自分の判断で市販薬を使うのではなく、病院を受診して医師の治療を受けることでしょう。治療には対症療法と根幹療法と分けることが出来ます。対症療法とは文字通り、症状を抑えることが主目的で内服薬や点眼・点鼻薬を用いることが中心となります。一方根幹療法とは原因となるアレルゲンの除去と回避を行ったり、免疫療法を行ったりしてアレルギー反応を起こさないようにします。ところで症状が出る前に花粉症対策をすることも有効です。基本は花粉を吸いこまないことです。そのために外出時にはマスクをしたり、メガネや帽子を身につけたりしてみましょう。また花粉の飛散量が多くなる風の強い晴れた日の外出を控えることも有効です。このような対策は重要であります。

最近は花粉症の治療薬を使う事にしました。

以前はそれほど花粉症の症状が酷くなかったのですが、近年は花粉の飛散量が多くなっているのか、近年は花粉の飛散量が多くなっているのか、クシャミや鼻水、目の痒みがかなりひどくなったので病院に言ってその治療薬を使うようになりました。...もっと読む