病院での花粉症治療について

花粉症は、今や現代病とも言われ、4人に1人は悩んでいると言われています。日本では、約60種類の花粉でアレルギーを引き起こすと言われています。杉やヒノキの花粉でアレルギーを引き起こす人が多く春先に鼻水やくしゃみなどで悩む人も多くいますが、秋のイネ科の植物などに反応する人もいて、症状の発生する時期も、重症度も異なっています。

主な症状として、鼻水、くしゃみ、涙目、目が赤くなったり、かゆくなったり、喉が痛くなったりします。

また、花粉症で悩んでいる人の対処法として、市販薬を飲んだり、サプリメントを飲んだり、マスクをつけたり、空気清浄機を使ったり、病院へ行ったりと様々です。

そんな花粉症で悩んでいる人の治療を病院ではどのように行っているのでしょうか。まず、医者は問診を通じて、どのような症状が起きているのか、また、どんなライフスタイルなのかを考えて、その人、その人にあった薬を処方しています。そのため、医者にしっかりと自分の症状を伝えることが大切です。治療薬として、抗ヒスタミン剤やステロイド薬、血管収縮薬、メディテーター遊離抑制薬、抗ロイコトリエン薬などを処方しています。形態として飲み薬や点鼻薬、目薬を処方しています。自分の症状にあったものを使うことで症状を軽くしています。ら

そして、病院では、自分がどんなものに反応しているかも知ることができます。検査方法は3つあります。皮膚を杉やダニ、稲など原因と考えられるアレルゲンのエキスで刺激します。そして、15分放置し、その後、皮膚がどのようや反応を示しているのか見て、どのアレルゲンに反応しているのか判断します。

次に血中IgE検査です。血液検査で原因となるアレルゲンに対する抗体を明らかにしてくれる方法です。そして、最後は、鼻粘膜誘発テストです。原因となるアレルゲンを鼻の粘膜につけ、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が出るかによって確認しる方法です。

これらの検査によって反応するものがわかると、その反応するものをなるべく避けるようにすることができるのです。気をつけることで症状も和らぐのです。

また、最近では、薬を処方すること以外にも、様々な方法が誕生しています。杉花粉で悩んでいる人に舌の下に杉花粉の液を垂らして治す舌下免疫療法も行われています。他にも鼻の粘膜にレーザーを照射して焼いて花粉に反応しないようにする方法などもあり、花粉症に対して様々な治療法が研究されています。